ホーム » 動物占い

カテゴリー別アーカイブ: 動物占い

動物占いの種類は60種類もある

動物占いは人気が出てからもう数年も経つのですが、それでもずっと人気は続いています。
また、動物の中でもカテゴリーわけされているという事から現時点では12種類の動物で60種類の性格に分けて診断する事が出来るようになっています。
今ではインターネットから動物占いの早見表をチェックして、そこから自分の動物をすぐに診断する事が出来るので、友達と一緒に、恋人と一緒にみて相性などもチェックする事が出来るので非常に楽しめる占いの一つになっています。
相性占いが出来る他、相性にも様々なカテゴリーがある為、仕事を一緒にする相性であったり、恋愛を育む相性であったり、友人としての相性などで診断出来ます。
自分ではこの動物で合っているのかな?なんて思ってしまう時もあるようですが、客観的に見ればだいたいの人が合っているという事で絶賛されているので、自分の動物が気に食わない場合でも人に聞いてみてください。
きっと、その動物にぴったりだという答えが返ってくる事でしょう。
そういった面でも非常に上手に作られた分け方なのですが、生年月日だけを用いた素晴らしいプログラムで占いがされているのです。
相性などを分かり易く、可愛く分析されている動物占いですが、ぜひ近くにいる人達と占ってみてはいかがでしょうか?
楽しい発見が次々に出来る事でしょう。

カテゴリー分けでわかる性質

動物占いは、12種類の可愛らしい動物キャラクターで編成されている非常に魅力の高い占いになっています。
その中でも、興味深いのが、目的思考型、状況対応型に分れているという事なのですが、その中でも自分軸、相手軸という風に分れている事が分かります。
目的を達成する為にコツコツ努力をしていくという動物は、6種類の動物があり、その中で、自分を軸に考えて、競争などの勝負事には勝ちたいと思っている動物が“サル”“トラ”“コアラ”“オオカミ”にあたります。
同じ型ですが、相手軸に考えるというのは人から見られた自分を意識するという、よく見られたいというタイプは、“クロヒョウ”“ひつじ”になります。
状況を判断して臨機応変に対応していく動物も6種類あり、自分を軸に考えて、周りから偉い人、スゴイとほめられたい動物は“チータ”“ライオン”“ゾウ”“ペガサス”になります。
また同じ型ですが、相手軸に考えるので、周囲の人からなぜが面倒をみてもらえるという動物が“タヌキ”“コジカ”にあたります。
このように自分や友達、家族、恋人を動物に当てはめてみてみた時に、言われてみればそうかもしれない!と楽しい発見が出来るのと同時に相性なども分かってくるのです。

動物占いでわかることとサイトの選び方

動物占いは、自分だけを占うという時でも十分に楽しめる占いとして有名ではあるのですが、人と自分の相性診断する場合でも非常に楽しめる占いなのです。
また、何も知らない相手を一緒に占うよりは十分に知っている人を占う事で、更に動物占いの素晴らしさが見られる事もあります。
12種類の動物は、太陽、地球、新月、満月で分けられるという法則があり、そこから影響しあうグループがあります。
その他でも、左脳型、右脳型という風な事まで分かってしまうのが、動物占いのすごさでもあるのです。
ただの生年月日の診断だけではなく、個性心理をしっかり把握している人の元で分けられているので、人間の奥深い部分まで動物占いで分かってしまうのです。
例えば“コアラ”“ゾウ”“ひつじ”は右脳型でもありながら、過去を回想するタイプというようなジャンルに分ける事が出来ます。
そして、“ライオン”“トラ”“タヌキ”は同じく過去を回想するタイプではあるのですが、左脳型という事が分かったりもするのです。
このように、自分や恋人、家族など、相手の事をよく分かっている人と是非診断してみましょう。
更にその人の事を分かる事が出来ながらも、納得出来てしまうという点で非常に効果のある占いだと思います。

相性占いをする際の注意点

相性占いをしてもらう時には、出来るだけ信頼出来る占い師にしてもらいたいですよね。
そういう占い師をどうやって見つけるのかというと色々な方法があります。
例えばサイトの中でも口コミで人気No.1の占い師はこの人!というように書いてあるものを見ることもあると思います。
もしくは実際に電話占いで占ってもらった体験談を書いている文章を見ることがあるかもしれません。
こういった口コミや体験談はとても役に立つものです。
こういうものがあるからこそ、どの占い師がいいのか悩んだ時でも、良い情報源になってくれるのです。
こういう情報をよく読んで、自分と似たような悩みを持った人やそういう人が体験した占いの内容について共感出来れば、その占い師を選ぶという方法が良いと思います。
実際に占いをしてもらった人にしか分からない、感じないものがあると思いますので、それらを知るためには口コミや体験談をよく読むようにしましょう。
それらを読んだ上で、この占い師なら良い占いをしてくれそうと思った占い師に占ってもらうと良いですね。
そうすることにより、きっとあなた自身も良い占いをしてもらうことが出来るでしょう。自分で納得をして占ってもらった方が、安心感を持って占ってもらえるでしょう。

相性チェックをするなら動物占い

動物占いでも相性などを占う事が出来る為、診断したい人は早見表から2人の動物を割り出して診断する事が出来ます。
たとえば、博愛主義者と言われている“ひつじ”ですが、寂しがり屋であったり、人懐っこいので周りに人がいる環境で安心出来るという性格を持っているようです。
そんな“ひつじ”と相性があう動物は、恋人にするのでしたら“トラ”“オオカミ”動物が合うようです。
好きなタイプは“ひつじ”“コアラ”などもあるようです。
また、ひつじの中には“情熱的であるひつじ”“慈悲深きひつじ”“陽気ひつじ”“人の力を育てるひつじ”“チャレンジ精神旺盛ひつじ”“面倒見がとても良いひつじ”などにも分れるのです。
そんな“ひつじ”と相性が良いのは、“トラ”には“愛情一杯トラ”“アクティブさんトラ”“堂々としているトラ”“フランクなトラ”“パワフル全開トラ”“心優しきトラ”と分れています。
“オオカミ”でも“正義感が強いオオカミ”“お人よしオオカミ”“几帳面オオカミ”“探究心多きオオカミ”“粘り強いオオカミ”“分析能力のあるオオカミ”と分れます。
ただ1つの動物のタイプだけでないという点においても非常に調べがいのある動物占いだという事が分かりますね。
是非、自分の気になる人との相性も占ってみましょう。

動物占いでわかる相性

動物占いを通じて、影響をし合える相性などを見る事も出来ます。
動物ごとで、太陽、地球、新月、満月というグループに分ける事が出来るのですが、新月や、満月は他のグループよりも当てはまる動物は少ないので、少しレアな動物なのかもしれませんね。
新月は“たぬき”“こじか”で満月は“黒ひょう”“ひつじ”となります。
そして気になる影響を与える関係なのですが、太陽のグループは満月グループの動物に大きく影響を与える事が出来る関係性を持っています。
なので、太陽動物である“ライオン”“チータ”“ペガサス”“ゾウ”は満月のグループに影響を与える事が出来て、新月グループの動物は、地球の動物である、“サル”“オオカミ”“コアラ”“トラ”に影響を与える事が出来るのです。
なので、動物占いから相性診断をする場合でもこの太陽、地球、新月、満月の関係から考えられるという事なのです。
太陽はいつも輝いている事が辺り前と思っている動物ですので、人脈や情報を財産とする満月のグループにはよい影響を与えます。
また、周りから放っておけない可愛らしさを持つ新月動物は、マイペースである地球グループの動物に影響を与えられます。
このように動物占いは性格ばかりではなく、相性診断も出来るという事になるので、非常に興味深く、奥深い占いになります。

人気の動物占い

動物占いは、人気が出てからその勢いは止まる事がなく、今でも愛されている占いなのは、12種類の愛きょうのある動物キャラクターで性格などを診断する事が出来るからなのです。
12種類の動物キャラクターを自分に合わせて見る事が出来るので、楽しみながらも性格や、相性についての知識を増やす事が出来ます。
また動物占いには、細かく分けられている情報もあり、例えば、“地球グループ”“満月グループ”“太陽グループ”“新月グループ”と分けられるのです。
“地球グループ”の要素としては、他人と競争して勝ちたいという思いが強い思考を持っていて、“満月グループ”は、とにかく周りからいい人に思われたいと思っています。
そして“太陽グループ”は周りからは凄い人だ!と思われたいという野望があり、“新月グループ”は周りの人から自然と面倒を見てもらえるという性格を持っているなどのカテゴリーに分ける事が出来て、このような点でも大変楽しめる動物占いなのです。
まだ動物占いを体験した事がない!というのであれば、自分の動物は何なのか?どのようなカテゴリーに分けられているのかなどを調べてみましょう!
今までになかった楽しくも新しい発見が出来ると思います。

なぜ動物占いが愛されるのか

占いは信じる人もいれば勿論あまり頼りにしない人もいます。
しかしこの動物占いは、様々な人から人気を集めたのはユーモアがあったからなのです。
占いを日頃見ない人でもこれなら見てみようかな?という興味を持てるような可愛らしい動物にキャラクターからただ可愛らしさだけではない、良いポイントを指摘している性格診断などがとても優れていたため、とても人気が出ました。
普段占いには頼らない人でも、自分の動物は一体何なのかな?と気になり、そこから性格、相性、野望なども続々と診断出来るという事で、若い人から高齢の人にも幅広く伝わりました。
また、家族で一緒に楽しめるという占いでもあるので、子どもが学校で流行っている動物占いの情報を家庭へと持ち帰って、家族で一緒に動物を売らうという事で団欒になるという事もあるようです。
このようにターゲットを絞らずに、多くの年代からも愛されている動物占いですが、原点を辿れば、東洋に古くから伝わっている陰陽五行説、そしてそこから派生したと言われる四柱推命をベースにした占いでもあるのです。
またそこを原点に、社会心理学、行動心理学というものの解釈も含めたという事で、ただ可愛い占いではなく、鋭い点をもきちんと突く事の出来、徹底した占いが完成したという事になります。
このようにして動物占いはどんどん人気が広まっていき、今でも愛されている占いになるのです。