ホーム » 動物占い » 相性チェックをするなら動物占い

相性チェックをするなら動物占い

動物占いでも相性などを占う事が出来る為、診断したい人は早見表から2人の動物を割り出して診断する事が出来ます。
たとえば、博愛主義者と言われている“ひつじ”ですが、寂しがり屋であったり、人懐っこいので周りに人がいる環境で安心出来るという性格を持っているようです。
そんな“ひつじ”と相性があう動物は、恋人にするのでしたら“トラ”“オオカミ”動物が合うようです。
好きなタイプは“ひつじ”“コアラ”などもあるようです。
また、ひつじの中には“情熱的であるひつじ”“慈悲深きひつじ”“陽気ひつじ”“人の力を育てるひつじ”“チャレンジ精神旺盛ひつじ”“面倒見がとても良いひつじ”などにも分れるのです。
そんな“ひつじ”と相性が良いのは、“トラ”には“愛情一杯トラ”“アクティブさんトラ”“堂々としているトラ”“フランクなトラ”“パワフル全開トラ”“心優しきトラ”と分れています。
“オオカミ”でも“正義感が強いオオカミ”“お人よしオオカミ”“几帳面オオカミ”“探究心多きオオカミ”“粘り強いオオカミ”“分析能力のあるオオカミ”と分れます。
ただ1つの動物のタイプだけでないという点においても非常に調べがいのある動物占いだという事が分かりますね。
是非、自分の気になる人との相性も占ってみましょう。

動物占いでわかる相性

動物占いを通じて、影響をし合える相性などを見る事も出来ます。
動物ごとで、太陽、地球、新月、満月というグループに分ける事が出来るのですが、新月や、満月は他のグループよりも当てはまる動物は少ないので、少しレアな動物なのかもしれませんね。
新月は“たぬき”“こじか”で満月は“黒ひょう”“ひつじ”となります。
そして気になる影響を与える関係なのですが、太陽のグループは満月グループの動物に大きく影響を与える事が出来る関係性を持っています。
なので、太陽動物である“ライオン”“チータ”“ペガサス”“ゾウ”は満月のグループに影響を与える事が出来て、新月グループの動物は、地球の動物である、“サル”“オオカミ”“コアラ”“トラ”に影響を与える事が出来るのです。
なので、動物占いから相性診断をする場合でもこの太陽、地球、新月、満月の関係から考えられるという事なのです。
太陽はいつも輝いている事が辺り前と思っている動物ですので、人脈や情報を財産とする満月のグループにはよい影響を与えます。
また、周りから放っておけない可愛らしさを持つ新月動物は、マイペースである地球グループの動物に影響を与えられます。
このように動物占いは性格ばかりではなく、相性診断も出来るという事になるので、非常に興味深く、奥深い占いになります。