ホーム » 動物占い » 動物占いの種類は60種類もある

動物占いの種類は60種類もある

動物占いは人気が出てからもう数年も経つのですが、それでもずっと人気は続いています。
また、動物の中でもカテゴリーわけされているという事から現時点では12種類の動物で60種類の性格に分けて診断する事が出来るようになっています。
今ではインターネットから動物占いの早見表をチェックして、そこから自分の動物をすぐに診断する事が出来るので、友達と一緒に、恋人と一緒にみて相性などもチェックする事が出来るので非常に楽しめる占いの一つになっています。
相性占いが出来る他、相性にも様々なカテゴリーがある為、仕事を一緒にする相性であったり、恋愛を育む相性であったり、友人としての相性などで診断出来ます。
自分ではこの動物で合っているのかな?なんて思ってしまう時もあるようですが、客観的に見ればだいたいの人が合っているという事で絶賛されているので、自分の動物が気に食わない場合でも人に聞いてみてください。
きっと、その動物にぴったりだという答えが返ってくる事でしょう。
そういった面でも非常に上手に作られた分け方なのですが、生年月日だけを用いた素晴らしいプログラムで占いがされているのです。
相性などを分かり易く、可愛く分析されている動物占いですが、ぜひ近くにいる人達と占ってみてはいかがでしょうか?
楽しい発見が次々に出来る事でしょう。

カテゴリー分けでわかる性質

動物占いは、12種類の可愛らしい動物キャラクターで編成されている非常に魅力の高い占いになっています。
その中でも、興味深いのが、目的思考型、状況対応型に分れているという事なのですが、その中でも自分軸、相手軸という風に分れている事が分かります。
目的を達成する為にコツコツ努力をしていくという動物は、6種類の動物があり、その中で、自分を軸に考えて、競争などの勝負事には勝ちたいと思っている動物が“サル”“トラ”“コアラ”“オオカミ”にあたります。
同じ型ですが、相手軸に考えるというのは人から見られた自分を意識するという、よく見られたいというタイプは、“クロヒョウ”“ひつじ”になります。
状況を判断して臨機応変に対応していく動物も6種類あり、自分を軸に考えて、周りから偉い人、スゴイとほめられたい動物は“チータ”“ライオン”“ゾウ”“ペガサス”になります。
また同じ型ですが、相手軸に考えるので、周囲の人からなぜが面倒をみてもらえるという動物が“タヌキ”“コジカ”にあたります。
このように自分や友達、家族、恋人を動物に当てはめてみてみた時に、言われてみればそうかもしれない!と楽しい発見が出来るのと同時に相性なども分かってくるのです。