ホーム » 風水占い

カテゴリー別アーカイブ: 風水占い

風水ってなにがわかるの?

風水は、一大ブームを巻き起こした占いというか、生活習慣のようなものですね。
風水は運気を良くするための気の流れというものを作り出すことによって、非常に良い人生を送ろうとする考え方です。
中国で4000年も前に生まれた気の流れというものを意識した環境学になります。
現在では占いであるとか、スピリチュアルなニュアンスで捉えている方が多いのですが、これはれっきとした環境学という学問の一種になるのです。
衣食住や行動といったもの。
レイアウトなどを気にすることが有名なのですが、食べるものや、身に付ける衣服、更にはその日に起こすべきアクションまでにも気を使い、環境を整えることによって、開運に導く方法です。
こういったことを把握していけばいくほどに、占いではないといえるのです。
自分のこれまで過ごしてきた環境を振り返り、それを改善していくことによって、現在自分や家族に起きているトラブルを解消し、開運に導くといった考え方をしているのが風水という環境学になります。
どういった間取りの家に住んでいるのか。
置物はどういったものを置いているのか。
ベッドはどこで、トイレはどこにあるのかといったことによって、気の流れを阻害し、トラブルが起こってしまっている場合がるのです。

四柱推命でわかる流年

四柱推命において、流年をみたとき、比肩の年だと判断出来た場合には、どういったことにマッチした年なのかを紹介していきましょう。
四柱推命には、それぞれに流年というものがあり、その流年の形によって、最もどういったことをするのに適した年であるのかの判断を行うことが可能になります。
以前までの四柱推命というものが、予め生まれた瞬間のエネルギーによって、その人の運命は宿命付けられているという考えに対し、現在の四柱推命では、ある程度に自身の認識によって、人生を作っていくという考えに変わりつつあるのです。
ですから流年に示された内容によって、ベストな行動を選択することで、いくらでも運勢を切り開いていけるという占いでもあるわけです。
さて、比肩の年だと判断された場合、独立に向いている年だとされています。
また積極性が生まれやすい年だともされているため、新しく何かを始めるというタイミングには絶好の年になります。
ただし仕事や趣味などといったものでは、こういったポジティブな結果が出せるものの、人間関係においては、分離といって、別れが生じやすい年でもあります。
新しいことをしようと積極的になる一方で、自己中心的になりやすく、人間関係にまつわるトラブルに発展するケースが多いため注意をすべき年でもあるのです。